社長メッセージ
the president's messages

社長メッセージ

最適な公共サービス提供に取組む
事業マネジメント企業

21世紀の日本は、社会経済の急激な変化とともに少子高齢化が進展する中で、国や地方自治体の抱える深刻な財政問題を克服すべく、社会資本整備や公共サービスの分野においても、これまでにない変革が求められています。

このような状況下で、イギリスに端を発するPPP(公民パートナーシップ)やNPM(新しい行政手法)という考え方が日本にも導入され、公と民が連携して公共サービスの効率化と質の向上が図られるようになってきました。

「PFI」(1999導入)、「指定管理者制度」(2003導入)、「市場化テスト」(2006導入)などにより、公共施設等の整備や管理運営が民間に市場開放されるとともに、公共工事の分野でも「総合評価方式」(1999導入)により、従来の仕様発注から民間の提案や業務の質を重視する性能発注に代わってきています。

私たちは、ビジネスならびにエンジニアリングに係る知識とノウハウを活かし、プロジェクトマネジメントのノウハウと最新のドキュメンテーション技術を駆使して、病院、学校、スポーツ施設、文化施設等の様々な公共施設等の 整備や管理運営事業に携わり、大きな成果と信頼を得てまいりました。

これからも、事業に参画されるメンバーの皆様をトータルサポートし、ビジョンを共有しながら、最適な公共サー ビスの提供に取組みつつ、地域社会の発展と豊かな人間形成に寄与することを目指してまいります。

代表取締役
岡崎 明晃
代表取締役 岡崎 明晃